仙台・宮城の住宅リフォームなら優信工房|解体工事

解体工事
解体工事も優信エ房!
優信エ房は、建て替えをする際の建物の取り壊し、空き家の取り壊しなどの解体工事も承っております。
(1)建て替え(新築)のための建物の取り壊し
取り壊しだけではなく、新築のご相談も承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
(2)空き家の取り壊し
今や社会的な問題となっている『空き家問題』
①子どもと同居をするため、介護施設に入るためなどの理由で、住み慣れた自宅を取り壊さなければいけない。
②実家が空き家になったままなので、解体して更地にて土地を売りたい。
③空き家を放置したままにしていたらどうなるのだろう。いろいろとご心配かと思います。
※平成27年2月26日に空き家対策特別措置法(空き家法)が一部施工され、5月26日に完全施工固定されました。この法律によりこれまで登記だけでは特定できなかった空き家の所有者が、資産税の納税記録から特定されるようになりました。
(3)措置の対象となる「特定空き家等」
①そのまま放置すれば倒壊など著しく保安上危険となるおそれのある状態の空き家
②そのまま放置すれば著しく衛生上有害となるおそれのある状態の空き家
③適切な管理が行われていないことにより著しく景観を損なっている状態の空き家
④その他周辺の生活環境の保全を図るために放置することが不適切である状態の空き家
※平成27年2月26日に空き家対策特別措置法(空き家法)が一部施工され、5月26日に完全施工固定されました。この法律によりこれまで登記だけでは特定できなかった空き家の所有者が、資産税の納税記録から特定されるようになりました。
(4)空き家を所有されている方は、これからどうすればいいのか?
①自身が空き家を所有されている地域で今後どのような対策が行われるのか、まず自治体に問合せてみることをお勧めします。(特定空き家に対する処置として行政代執行が実施され強制的に解体工事が行われてしまうこともあります。さらに、強制撤去にかかっ た費用は空き家所有者の負担となり、もし支払いができない場合は財産を差し押さえられ、空き家所有者の住所や氏名などの情報が公表されてしまうことも有り得ます。)
②解体するにも相続の話しがまとまらない、解体後の土地をどうするかなど活用法を迷っている場合などぜひ、私たち専門家にご相談ください。